Translations/How To Add Chapter Markers

Last-modified: 2008-09-14 (日) 12:18:18 (3263d)

この翻訳について

iMovie HDにはチャプターを作成する方法があったのに、iMovie '08にはそれがなくなっている。iDVDにあるのかと思いきや、これが無い。いや、あるにはあるけど一定間隔にしか作成できなくて、ただの「ありがた迷惑」機能に成り下がっている。 これってハッキリ言ってデグレじゃねーの!?ってことで、なんとかしたくて調べたところ、海外のブログでこの方法について解説したページを見つけたので内容確認がてら翻訳してみた。 オリジナルのページはAARONさんの「Unlocking iMovie '08」です。

チャプターマーカーを追加する方法

2007/8/11(土)

チャプターマーカーを追加する方法:付録

我々はスティーブ*1がこう言うのを聞いた。「DVDを作成したい人がまだ存在するんだ」*2
時々、スティーブはいくつかの次元をまたがって並べ替えながら同時に5年先を生きているんだろうかと不思議に思う。*3

彼の発言からもはやiMovieにチャプターマーカーが搭載されなくなったことは明白だ。5年先にも住まないし、まだチャプターマーカーを作りたいとも思う?方法はここにある。

いくつものディスカッションフォーラムで、人々はGarageBandでチャプターマーカーが追加できるということを示してきた。
これはまだ有効で、プロセスはここで詳細に説明する。
その多くは我々の大部分が以前はまったく必要としなかったものだから。

最初に、iMovieからGarageBandへ送るためのオプションは若干変更されている。 GarageBandへ直接ムービーを送るオプションはもはや存在しない。 そのかわりにメディアブラウザに送る必要がある。 それは別の投稿「メディアブラウザにムービーを送る方法」で説明している。 GarageBandに移る前にメディアブラウザにムービーを送る必要がある。それについては上記の投稿で説明している。

警告!ひとたびメディアブラウザにムービーを送ると、iMovieで素早く編集可能な状態に切り替えることが出来なくなる。もし変更したら、君は再度ムービーをエクスポートしなおさければならない。 GarageBandでチャプターマーカーを打つためのプランを練る前に、まずはムービー(の編集)を終わらせた方が方がいいだろう。

GarageBand上にて

メディアブラウザへムービーを送ったらiMovieから離れることになるけど(iMovieを)そのままにするか終了させるかは好きにすればいい。
GarageBandを起動し、作成プロジェクトの種類を聞いて来るダイアログが出たら、新規Podcastエピソードを作成を選ぶ。(もしすでにこれをやっているなら、そのプロジェクトを開けばいい。)

ピクチャ 2.png

君はGarageBand専用プロジェクトを作成する必要がある。というのは名前をつけてどこかに保存してから作業を始めるということを意味する。 それはまた、最後にDVDを手にするまで好きなようにこのファイルを保存するということでもある。
幸運なことに、GarageBandからiDVDへムービーを移動するのにエクスポート作業は必要無い。 君はGarageBandへ戻って、チャプターマーカーを微調整して、そのムービーを再エンコードする時間を待つことなくiDVDへ送ることが可能なのだ。

GarageBandに入ったよ。で?

今君はGarageBandにいる。タイムラインウインドウにムービートラックを追加する準備をして、作業開始だ。
メディアブラウザが表示されていないかもしれない。 このボタンをクリックして表示させよう。

MediaBrowserButton.png

それか、コントロールメニューの「メディアブラウザを表示」を選択して開くことも出来る。

メディアブラウザの「ムービー」ボタンを選択すると、iMovieの一覧の一部が開く。ウインドウはこんな感じだ。

ピクチャ 3.png

iMovieプロジェクトを選択するとプロジェクトで有効になっているいろんな品質が一覧で表示される。

ピクチャ 4.png

iDVDに送るんだから、ムービーの最高品質になるものを選択する。 それをドラッグしてポッドキャストトラックのタイムラインにドロップする。 そうすると、こんなメッセージが表示される。

ピクチャ 5.png

もちろん、君はポッドキャストを作るんじゃないから、そのトラックをムービートラックに変更することは大した事じゃない。*4
君は新しいオーディオトラックがムービートラックの下に現れることに気付くだろう。でもオーディオの詳細な編集が出来るなんて期待しないように。このトラックは全部のオーディオを一つにまとめるものだ。 君が全部のサウンド、音楽、そして追加した以外のすべてのものをミュートに出来ることにエキサイトする人じゃないかぎり、このトラックは君の望むことをしてくれない。

で、君はそこにトラックを作った。これでチャプターを追加できる。最も簡単な方法はチャプターマーカーを追加したいところに再生ヘッドを置いて「P」のキーを叩くことだ。
もしボタンをクリックする方がいいなら、タイムラインでムービーを選択しよう。そうすると以下のようなウインドウが表示される。

ピクチャ 6.png

赤い星は無くてボタンが表示される*5
チャプターマーカーを追加したら、タイムライン上のその点に黄色いダイアモンドが表示されることに気付くだろう。
別のチャプターを追加するには、再生ヘッドを再度移動して、「p」キーを叩くかボタンをクリックすればいい。あとは繰り返し。*6

チャプターマーカーで作業

いくつかのチャプターマーカーを作ったら、それらの名前とタイミングを変更することができる。
名前の変更は重要だ。なぜならその名前はiDVDにインポートされるからだ。 (もし名前が気に入らなかったらiDVD上で変更することもできるが、自分が思うに、ここでチャプター名称を設定する方が簡単だ)
ここでタイミング設定するのも重要。なぜならタイムラインではチャプターマーカーを簡単にドラッグして変更することが出来ないからだ。新しい時間を手入力で入れなければならない。タイムコードをクリックして君が望む時間を設定する。そいつらをクリックして名前を変更することもできる。

ピクチャ 7.png

もちろん、いつでもチャプターマーカーを削除して新しいのをそこに追加することは可能だ。チャプターを削除するには、チャプターマーカー全体をクリックしてハイライトさせて、deleteキーを叩く。

チャプターマーカーを作る上でもう一つ別の重要なポイントは、初期の段階でカスタムチャプターマーカーをセットしない場合、iDVDは「スタート」という名前のチャプターを自動的に追加するということだ。 これは初期段階でチャプターを設定するかiDVDに入ってからそのチャプターを削除してしまうことで防ぐ事ができる。

iDVDに送る

これは君の旅の中では最も簡単な部分だ。共有メニューに移動して「iDVDにムービーを送信」を選択すればいい。

ピクチャ 10.png

iDVDが起動して、自動的に新しいDVDプロジェクトが作成される。そしてムービーが配置されてiMovieHDから送った時に見たようなチャプター選択メニューがセットアップされるだろう。

翻訳者から

AARON氏のブログはここまでだけど、実際やってみて気づいたことなどを挙げてみる。

  • 作成されたDVDはGarageBandのプロジェクト名がそのままDISC名として付与される
  • 20分程度×5本の動画を一本のiMovieプロジェクトに落とし込み、GarageBand上で5つのチャプターを付けたものをiDVDに送信してDVDを作成すると5時間ちょいかかった。これはあくまでDVD作成のボタンをクリックしてから完成までの時間。iMovie上でプロジェクトを作成してメディアブラウザに公開する時間を含めるとDVDを1本作成するのに10時間程度必要となる。
  • こんなに苦労して作成したDVDなのに我が家のメインDVDプレイヤーでは認識せず…orz
  • ちなみに、チャプターを作成せず、最初の画面に直接ムービーを複数配置するには、iMovieで全部を一本にせず、チャプター単位でプロジェクトを作成してそれぞれをメディアブラウザに公開する。iDVDではこれらをひとつずつ最初の画面にドロップすればいい。
    ただし、この方法で作ったDVDは連続再生ができない。ドロップしたムービーが1つ終わるごとにメインメニューに戻ってしまう。

*1 Steve Jobsのこと
*2 原文="There are some people who still want to make DVDs." Classic.
*3 要するに「5年先を見てきたように言うけどホントかよ?」ってことかな?
*4 たいそうなダイアログが出て来るけど気にすんな、と言いたい?
*5 AARONさんのページの画像には赤い星がある。が、やってみたら本文にあるとおり星は出なかった。
*6 原文は「Rinse and repeat.」直訳すると「すすいで繰り返す」。
なんのこっちゃわからんかったので調べると、どうやらシャンプーの一般的な説明フレーズらしい。
完了するまでの繰り返しをユーモラスに表現する場合なんかに使われるみたい。
正しくは「Lather,Rinse,Repeat」だって。→Wikipediaのページ